トップイメージ
 小説を読むとき、私はなるべく1時間くらいは読めるように時間を取ってから読みたいと思っています。それはなぜかというと、小説は集中して読んだほうが物語に没頭することができるからです。  以前に、私は他のことをしながら、5分や10分単位で小説を読んでいたことがあったのですが、そうした読み方をすると物語に没頭したところで読むのをやめてしまうので、なかなか集中して読むことができませんでした。  それでは、せっかく小説を読むのに楽しむことができませんので、最低でも1時間くらいは小説を読む時間をとり、じっくりと小説を読むことに私はしています。  そうして小説を読み出すと、1時間くらいあっという間に時間が経ってしまい、とても有意義に過ごすことができたと満足して小説を読み終えることができます。  それは、とても素敵な時間の過ごし方で、私はそうした読書の仕方ををとても気に入っていますので、これからも小説を読むときは時間に余裕をもって読みたいと思っています。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.tohokikaku.com All Rights Reserved.